みらい。の物置き

ミニバイクに乗りながら写真を撮ったりキャンプしてます。他所に載せなかった写真を載せたり備忘録にしたり。

136.グロムを弄る。モタード化完成か…?

今日は午前中病院で、なんと折って12日目ですがギプスを外すことに。これから当分の間はサポーター生活です。

当然リハビリがあり、左手の負荷(特にひねる動き)は厳禁だそうです。

 

午後からは、昨日の続きでグロムを弄っていきます。

f:id:mirai_mk3:20210909162101j:plain

マフラーがコンパクトになり、後ろのボリューム感が若干減りつつもフェンダーが重い感じ。もう少し整えたらバランス良くなるのになぁ…

 

Photoshopであれやこれやコラージュしつつ、方向性を考えていきます。フェンダーレスはどうも尻すぼみになりすぎで良くなさそう。手持ちのWR流用フェンダーは…かなり良さそうな予感。

 

というわけで思い立ったが吉日、早速交換してみます。ウインカーステーは工夫でなんとか…

f:id:mirai_mk3:20210910202539j:plain

いい感じやん。他のマフラーでは見えなかったトラス部が見えるようになって、後ろ方向に重さを残しつつもスッキリできたんじゃないでしょうか。シュラウドあたり~ヘッドライトのボリューム感と、前後フェンダーの存在感は残しつつも薄い感じの対比が生まれて非常に良いと思います。

f:id:mirai_mk3:20210910202913j:plain

後方から。ウインカーはなんとかテールランプ下に収めました。短いサイレンサーだからこその設置場所ですね。ほとんどのサイレンサーは、ウインカーと共存させようとすると下にずれて野暮ったくなっちゃうんです。これでモタード感マシマシです。

 

装着したマフラーはOVER Racing GP-Performance。エイプ用?と聞いていましたがなんだか短いし接続径52mm。何用だかわかりませんがどうせレース管ですし、付いたしOVERの音がするのでヨシ。

レース管なので最初から付属バッフル有でしか聞いていませんが、バッフル有で同社TT-FormulaやヨシムラR-77S(双方JMCA認定仕様)より少し大きな音。音質はTT-Formulaと似たOVER特有の破裂音と低音が同居する快音。

出力特性はおおむねフラットにトルクが出て、高回転域で少しずつ盛り上がるような感じ。音量を気にしないならサブコンとハイカムで幸せになれそうな予感がします。

でもちょっと音量には気を使いたいし、低中速を盛りたいのでバッフルを手配して音量を抑える予定。南海の22-16mm可変バッフルで16mmまで絞って、音質と出力特性の変化を見てみます。それでも微妙なら、環境対策ついでにアウテックスの絞り付き触媒入れてもいいかなぁ。

 

f:id:mirai_mk3:20210910204220j:plain

はぁ…いいわぁ…

135.退院しました。退院したらやること

題の通りですが、退院できました。

抜糸もまだで、早速金曜日から通院が始まりますが、ひとまずひと段落。舟状骨という非常に付きづらい骨が折れていたのですが、ボルトで固定してしまったので痛みは2週間しか経っていないとは思えない少なさです。切開もひと針分のみだったようで、いい先生にあたって良かったなぁと思ってます。

f:id:mirai_mk3:20210909160245j:plain

入院食はめっちゃうまかったです。ステーキが柔らかかったし。

 

それはさておき。

 

退院して戻ってきたら、やらねばならんことが沢山。グロムがほぼコケたときのまま放置してあるのです。

f:id:mirai_mk3:20210909160338j:plain

まずは曲がったブレーキペダルの修整。少年たちのお父さんに応急処置はしてもらっていましたが、イイカンジの位置に細かく曲げていきます。モンキーレンチって本当に万能工具ですよね。たぶんこういう使い方は考えられてないだろうけど。

 

そしてチェーン。手が痛かったので洗車どころじゃなく、水で荒く流しただけだったのでほぼそのまま。ドロとサビがそこそこあったので念入りに洗浄&注油。片手だと非常にやりにくい。

ついでに、転倒の衝撃でネジが緩んで外れていったメーターも付けなおします。

 

そうしたらようやく洗車。実質泥まみれの中、1週間半ぶりの洗車でした。泡切りしたあと、砂が噛んでいたスロットルも分解して洗い流しました。

 

とかやっていたら宅急便が、待ち望んでいたブツが届きました。

f:id:mirai_mk3:20210909161319j:plain

そう、アレです。OVERの音が忘れられず、GP-Performanceの出物がないか探していたのでした。あーあやっちゃったね。

OVERの小排気量向けサイレンサーなので50.8パイ以外ないだろうと即決したのですが、いざ届いて確認すると52パイ。やらかしましたがちゃんとダメコンも仕込んであります。

f:id:mirai_mk3:20210909161520j:plain

これを…

f:id:mirai_mk3:20210909161514j:plain

こうして…

f:id:mirai_mk3:20210909161531j:plain

こうじゃ。

サイレンサーとエキパイの径の差は1.2ミリなので、0.3ミリのアルミ板をサイレンサーの差込部に合わせた幅でカット。Pカッターでスジを何度か入れれば折り取れましたので、同様にすれば0.5ミリ厚のアルミ板もできそうです。曲げが難しいですけど。

適当なパイプに巻き付けてゼンマイ状のクセをつけてあげて、差込部に挿入して内側からグイグイ押し拡げます。インナーにトルク対策に自作した絞りも入れておきます。

これで接続してみると、ガタなくスムーズに入りました。2周弱なのでちょうど良かったようです。やったね。スプリングは手持ちが長すぎたので、そのへんにあった押しバネです。買う。

 

f:id:mirai_mk3:20210909162101j:plain

という具合にサイレンサーを取り付け、さらにおケツがちっちゃくなりました。

 

乗れないので少しアイドリングするだけにしておきましたが、やはりOVERの音、最高ですね。バッフルは付けたほうが高音が聞こえていいですし、むしろ外すとあまりにうるさい…乗って出力特性を確かめてからですが、もっと絞ったバッフルでもいいかも。

 

キレイにすると乗りたくなってかなわん…

134.近況

物置の方はご無沙汰ですね。

8月は雨やら緊急事態やらで中々出られない日々が続いていました。
8月の終わりにようやく晴れてきて、ここ数日は特に走るのにもってこいなんですが…何もしていません。やらかしちゃったんですね。

29日は天気もよく、消耗したブレーキパッドを買いに行って現地交換、そのままトニーさんとオフの練習場へ。
f:id:mirai_mk3:20210906181259j:plain
少年たちも居て、とても楽しく若い先輩方にシバかれていたんですが下手こいて転倒。
捻挫かな〜とか思っていましたが舟状骨というのをやってしまったようです。なんだかんだと病院を紹介されつつ手術、現在絶賛入院中というところです。
入院していると本当に何もできることがなくて、元々後ろ向きな気持ちが尚更後ろ向きに全力疾走していきます。大学生活、本当にほとんど何もなかったなぁ…これからのことなんて本当にどうでもいいなぁ…

133.津和野、日本海、気動車

トニーさんからお誘いがあり、電車を見に行くツーリングです。

がら空きの市内を飛ばし、マリホへ向かいます。

f:id:mirai_mk3:20210801080812j:plain

の前にキャッシュ。日中、夜はマグルが途切れないやつ。

f:id:mirai_mk3:20210801080816j:plain

NAPSへ来た!

商工センターから宮内、山の中へと入っていきます。…もしやと思ったら羅漢→錦ルートでした。

f:id:mirai_mk3:20210801080832j:plain

f:id:mirai_mk3:20210801080828j:plain

f:id:mirai_mk3:20210801080824j:plain

おやつ。ニキシー管の筐体は見ててウットリしますね…❤

f:id:mirai_mk3:20210801080556j:plain

f:id:mirai_mk3:20210801080548j:plain

おやつ屋さんの脇にあった橋。水が透き通ってましたね。

f:id:mirai_mk3:20210801080552j:plain

たまには自撮りもします。

 

f:id:mirai_mk3:20210801080600j:plain

そして津和野に。快走したので一瞬でした。

f:id:mirai_mk3:20210801080604j:plain

たまたま停まった場所のすぐそばにキャッシュがあったので行ってみることに。…コレ登るのか…

f:id:mirai_mk3:20210801080608j:plain

f:id:mirai_mk3:20210801080612j:plain

裏からも登れるようです。

f:id:mirai_mk3:20210801080616j:plain

キャッシュは湿っているものの無事でした。

f:id:mirai_mk3:20210801080620j:plain

f:id:mirai_mk3:20210801080623j:plain

f:id:mirai_mk3:20210801080627j:plain

せっかくなので、少しだけ津和野観光。水路のコイがでかすぎる。

 

f:id:mirai_mk3:20210801080635j:plain

避暑。暑すぎるので、列車通過の時間まで時間潰しに。柱状節理の渓谷って、なんだかCGの世界みたいで不思議な感覚になります。

f:id:mirai_mk3:20210801080648j:plain

f:id:mirai_mk3:20210801080653j:plain

人もいなかったので、思う存分涼めました。もちろん後片付けもバッチリ。

 

f:id:mirai_mk3:20210801080657j:plain

f:id:mirai_mk3:20210801080701j:plain

それでも時間が余ったので、道の駅でも時間潰し。エアコンが効いていて涼しかったのですが、トニーさんは入水していたので過冷却されているようでした。

 

f:id:mirai_mk3:20210801080709j:plain

着いた着いた。惣郷川橋梁。通過まで余裕があったので、バイクの位置や角度を調整してみてる。

f:id:mirai_mk3:20210801080713j:plain

13:50あたりに通過。こりゃ夕時の写真が最高だろうなぁ…

f:id:mirai_mk3:20210801080717j:plain

f:id:mirai_mk3:20210801080721j:plain

f:id:mirai_mk3:20210801080725j:plain

撮影後にいいスポットに気付くやつ。反対側もさらに良い感じでした…すいません…

 

f:id:mirai_mk3:20210801080729j:plain

f:id:mirai_mk3:20210801080733j:plain

日本海。太平洋といい、さいきん外洋によく出るようになりました。走行距離もよく伸びる。

 

f:id:mirai_mk3:20210801080749j:plainf:id:mirai_mk3:20210801080741j:plain

益田でデザート。こちらのラーメン、ネギ、ジューシーなチャーシュー、ワカメ、ゆで卵と具だくさんで、ダシも美味しく大満足です。

f:id:mirai_mk3:20210801080737j:plain

ここもニキシー管。手書きの品名も素敵。

f:id:mirai_mk3:20210801080753j:plain

f:id:mirai_mk3:20210801080757j:plain

越境して、「高規格道路」(キレイな広域農道の意)を進みます。夏の午後、倒れてきそうな入道雲を見上げると首が真上に。

 

f:id:mirai_mk3:20210801080808j:plain

夕日も綺麗でケツ痛はなく、いいツーリングでございました。おつかれさまでした。

132.撮って出し四国縦断2021#2

前回から続いて2日目。

f:id:mirai_mk3:20210727091214j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727091218j:plain

日の出前に起床し、朝食のパンと水を摂ります。朝から火を使うのが面倒になってしまった…

f:id:mirai_mk3:20210727091226j:plain

浜の上まで出れば、すぐ自販機があるのでコーヒーはそこで。

f:id:mirai_mk3:20210727091231j:plain

のんびり撤収、1時間くらいかけました。ハンモックは撤収が楽なので、合間合間に色々無駄なことができます。

f:id:mirai_mk3:20210727091235j:plain

浜から東へ進むと、通行止めなようだったので途中で引き返し。イメージ通りな太平洋の波と、洞門と。

f:id:mirai_mk3:20210727091239j:plain

須崎のあたり、交通量が少なくてホントに快走路ばっかり。老バイク二台なのでスピードは出しませんが、遮るものはないほうが良いです。

f:id:mirai_mk3:20210727091244j:plain

ちいたん推しな道の駅。と思ったらしんじょう君って名前だそうです。かわいいね。

f:id:mirai_mk3:20210727091252j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727091256j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727102141j:plain
これぞ太平洋。これまた車がほとんど居ない横浪黒潮ライン。晴れてるし、水平線終わらんし、車もおらんし。最高です。

f:id:mirai_mk3:20210727091320j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727091324j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727091328j:plain

黒潮ラインを抜けて、須崎方面に戻ります。いつもなのか平日だからなのかわかりませんが、ほんとに車がいない。まるでクローズドコース。

f:id:mirai_mk3:20210727091333j:plain

山中の道の駅でコーヒー。ひきたてコーヒーが飲めるマシンがありました。登りが辛い。

 

f:id:mirai_mk3:20210727091342j:plain

平日最高。カルストへ上がってみると、入口の建物が様変わりしていました。リフレッシュですね。

f:id:mirai_mk3:20210727091346j:plain

3度目のカルストにして、雲を見たのは初です。登りながら今日は曇りでダメかもわからんと思っていましたが、頂は晴れ間でいい天気でした。

f:id:mirai_mk3:20210727091351j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727091354j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727091403j:plain

人も車もほとんど居ません。

f:id:mirai_mk3:20210727091407j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727091411j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727091415j:plain

 牛、人。雲があっても、これはこれでかなりアリですね。真っ青も最高ですが。

f:id:mirai_mk3:20210727102211j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727091437j:plain

 

せっかくなので、気になった脇道にも入ってみることに。

f:id:mirai_mk3:20210727091441j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727091444j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727091449j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727091452j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727091457j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727091501j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727091505j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727091509j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727091513j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727091517j:plain

とても良い感じ。むしろ本道よりも雰囲気が好きです。

日の出前に帰りたいようなので、腰は落ち着けずに下山。愛媛側の主ルートが土砂災害で通れないようなので、迂回路を調べると地芳峠から下る国道440号が通れそう。

f:id:mirai_mk3:20210727091526j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727102250j:plain

苔とヘアピンカーブだらけの道と聞いて警戒していましたが、苔は路肩にしかなくひたすら楽しい峠道でした。旋回性が取り柄の車体なので、グイグイ曲がって進んでいくとリードがミラーからすぐ消えてしまいます。

 

f:id:mirai_mk3:20210727091539j:plainf:id:mirai_mk3:20210727091535j:plain

いい感じの道の駅で昼食。鶏五目うどん、具だくさんで満足です。

にしても、四国の道の駅ってどれも豪華で憧れます。トイレも非常に大きく綺麗なので道の駅だけ停まればいいや、と思ってしまうほど。

 

f:id:mirai_mk3:20210727102318j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727091546j:plain

いつもの道。いつもと違うのは交通量で、平日の空いた時間帯だったので砥部も三坂峠もガラガラ。

 

f:id:mirai_mk3:20210727091550j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727091554j:plain

実は好きな奥道後温泉の建物。

f:id:mirai_mk3:20210727091558j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727091603j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727091607j:plain

山を抜けきると、もうすっかり雲はなくなっていました。四国を〆るのはやはりココ。前回見つけた水門と、付近にあるいい雰囲気のお店。

f:id:mirai_mk3:20210727091611j:plain

サンライズ糸山へ寄り、しまなみ通行券を買うついでに。暑い夏にはコレがないと。

f:id:mirai_mk3:20210727091614j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727091618j:plain

17時のフェリーを逃がし、多々羅しまなみ公園で暇つぶしをした後の最終便。日の入りまでの帰宅には間に合いませんが、夕方の雰囲気もよいものです。

f:id:mirai_mk3:20210727091622j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727091626j:plain

 

f:id:mirai_mk3:20210727091634j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727091638j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727091642j:plain

 今回の四国はここまで。おおむね全行程天気よく、1泊で太平洋、カルストまで見られました。

f:id:mirai_mk3:20210728004150j:plain

2日で630km、燃費は63.83km/L。中々いいんじゃないでしょうか。

131.撮って出し四国縦断2021#1

突然、「行くぞ」と言われ、支度をし、出ることに。いくらなんでもいきなりすぎる。ハンモック泊がしたいものの、泊地はまだ決めてないようなのでテントと両方持っていきます。焚火道具はまた今度。

f:id:mirai_mk3:20210727090118j:plain

盛港に到着したのは10時過ぎ、フェリーがすぐ着いたので慌ててキップを買います。

f:id:mirai_mk3:20210727090122j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727090126j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727101908j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727101920j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727102038j:plain
また来たしまなみ(2日ぶり)。まだまだ南下するようなので、スイスイと通過していきます。

f:id:mirai_mk3:20210727090148j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727090152j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727090158j:plain

2日前は来なかったトコロ。来島海峡大橋今治側、他にはあまり見られない原付道の取り回しなのでお気に入りです。空中を大きく回る原付専用の道路。

f:id:mirai_mk3:20210727090202j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727090207j:plain

今治を抜け、汗だくになったところで昼食。たまたま目に留まったうどん屋さんでしたが、おいしかったです。水分、塩分、うどん分を補給。

f:id:mirai_mk3:20210727090211j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727090215j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727090224j:plain

四国の山中に入り、木の香で補給とトイレ。もう暑い時期なので、水分補給とトイレは多い方がよいと思います。

連休最終日ということもあってか、駐車場はオートバイ博物館のようでした。

f:id:mirai_mk3:20210727102057j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727090231j:plain

四国では、沈下橋も規模が大きければ標識で教えてくれるんですね。片岡沈下橋という名でしたが、見たことない規模の沈下橋に興奮してしまいます。

f:id:mirai_mk3:20210727090235j:plain

ふと目に留まった場所。何でもない場所のようですが、田んぼの真ん中にある巨木って惹かれるものがあるんですよね。

f:id:mirai_mk3:20210727090240j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727090244j:plain

おひさし太平洋、おひさし高知。前回来たのは4年ほど前、高速を飛ばす車に揺られながら夜に少し見ただけだったので、実質初見のようなもの。ひたすら先が見えない…

f:id:mirai_mk3:20210727090252j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727090257j:plain

夕方になる前には泊地へ到着。最寄りのマルナカへ寄って食材を確保しておきます。

クレはクレでも軍港の呉ではなく、カツオが美味しいほうの土佐久礼です。泊地の小鎌田の浜は連休終了だからか人がおらず、そこそこの広さがある浜が貸し切り状態でした。最高。木もあったのでハンモックを張ります。

f:id:mirai_mk3:20210727090301j:plain

湾になっているようで、波は控えめ。左右に伸びる岬の間から、どこまでも続く水平線が見えます。

f:id:mirai_mk3:20210727090305j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727090308j:plain

優勝。初高知カツオでしたが、めっちゃウマい。なんだこれ。売れ残りの3割引きでしたが、できたてのより美味しい味が想像できん…

f:id:mirai_mk3:20210727090312j:plain

することもないので、空の明かりが落ちた8時ごろに就寝。ハンモック、テントよりは涼しいですがそもそもの湿度が高くて落ち着かん…

f:id:mirai_mk3:20210727090316j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727090320j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727090323j:plain

f:id:mirai_mk3:20210727090327j:plain

 結局、快適というか少し肌寒いくらいになった0時ごろに起きてしまいました。ちょっと写真を撮って、シュラフを被って寝なおし。2日目はまた次回。

130.夏、島巡り

ついに夏です。夏といえば、広島の夏といえば島。勝手な印象ですが。

そして、広島の島といえば原付です。とびしま海道しまなみ海道の両海道は原付でこそ堪能し尽くすことができます。通過するだけならなんでもいいのですが。

 

トニーさんがしまなみデスマーチしているのを見て、居ても立っても居られなくなりました。てことでしまなみいくぞ。写真かなり多めなので文字少なめで。

 

f:id:mirai_mk3:20210724092349j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092353j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092358j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092407j:plain

しまなみまでは、流れの早い内陸ルートで移動。道選びは最近気に入っているBeeLineというナビアプリに任せましたが、楽しさ優先で最短時間は二の次、という印象です。

楽しかったけどちょっと時間かかりました。

 

f:id:mirai_mk3:20210724092410j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092414j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092418j:plain

尾道駅で通行券を買いました。ジャバラ折りにしてタンクキャップに挟めば、コンパクトで支払いも簡単なのでオススメです。

 

f:id:mirai_mk3:20210724092433j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092437j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092441j:plain

向島に入り、特に地図も見ずに適当に走ります。島に限った話ではありませんが、色々おもしろいモノが出迎えてくれることがツーリングの楽しみだったりします。

f:id:mirai_mk3:20210724092445j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092449j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092453j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092502j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092506j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092510j:plain

あぁ、夏の島だ…気温が高く汗が止まりませんが、どこを走ってもたまらなく良いです。

f:id:mirai_mk3:20210724092515j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092520j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092525j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092529j:plain

この前見つけて以来、毎回寄っている椋浦休憩所。前後に繋がる因島水軍スカイラインは路面に要注意ながらも景観、ワインディング度ともに良く、気持ち良く走ることができます。光の具合は午前中のほうが良いので、ぜひお昼前に訪れてみてください。

f:id:mirai_mk3:20210724092533j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092543j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092547j:plain

突然現れる細い道、ダート、変な形のホテル。これぞ島です。

f:id:mirai_mk3:20210724092555j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092559j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092603j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092607j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092611j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092616j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092628j:plain

観光地も、そうじゃない場所もすばらしく景色が良い島々。

f:id:mirai_mk3:20210724092632j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092637j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092646j:plain

地図やナビを見ないからこそ出会える景色たち。

f:id:mirai_mk3:20210724092658j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092702j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092706j:plain

仏様達に見守られる展望台。仏様は、キャッシュも守っていました。

f:id:mirai_mk3:20210724092710j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092725j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092730j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092739j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092747j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092752j:plain

海、空。少し淡い日でしたが、快晴と同じくらい魅力的です。

f:id:mirai_mk3:20210724092800j:plain

しまなみのほぼ南端、道の駅よしうみいきいき館で、遅い昼食。食事も水分も忘れて、ひたすら散歩を楽しんでいました。気付けば15時過ぎ、ひやうどんと鯛めしで空の腹を落ち着かせます。お値段も良心的で美味しかったです。

 

f:id:mirai_mk3:20210724092816j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092824j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092835j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092839j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092843j:plain

開山公園。御影石の産地らしいのですが、それよりも山頂の重機と山羊に興奮していました。

 

f:id:mirai_mk3:20210724092847j:plain

砂×急な下り。コケれば谷底ですが、ミニバイクなら楽しみながら走れます。

f:id:mirai_mk3:20210724092852j:plain

降りた先にイカしたバイクが。

 

f:id:mirai_mk3:20210724092907j:plain

見近島は盛況でした。しばらく泊まれなかったですものね。

 

f:id:mirai_mk3:20210724092924j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092928j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092932j:plain

大三島生口島はキャッシュと広さがすごく、時間が足りない気がしたのでそのまま通過。夕方の雰囲気が漂ってきました。これもヨシ。

f:id:mirai_mk3:20210724092935j:plain

ふと寄った岩子島で現れた、突然の砂場。梅雨の名残でしょうか。ためらうことなく楽しめます。

f:id:mirai_mk3:20210724092939j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092943j:plain

雰囲気ありますね。

f:id:mirai_mk3:20210724092947j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092951j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724092955j:plain

暮れる尾道

f:id:mirai_mk3:20210724092959j:plain

f:id:mirai_mk3:20210724093003j:plain

三原あたりで、豪快に焼けた空を見ることができました。しばらくぶり。

 

f:id:mirai_mk3:20210724101147j:plain

キャッシュは17/21F。いつかいつかと先延ばしにしていたしまなみ海道でしたが、とても楽しいキャッシュハントができました。

f:id:mirai_mk3:20210724101254p:plain

ルートはこんな感じ。時間が足りませんでしたが、しまなみ海道をしっかり堪能できました。

129.濃くなりつつある夏

f:id:mirai_mk3:20210719220520j:plain

朝早く起きたので、家事をさっさと済ませて出ることに。雨雲から距離を置きつつ、適当に流していたら北上。意外と立ち寄ることの多い白竜湖。平日にしては珍しく、二輪車が数台来ていました。

f:id:mirai_mk3:20210719220537j:plain

世羅のあたり。内陸はかなり暑く、停まって写真を撮るのも汗がすぐ出てきます。湿度が低いのでまだマシか。

f:id:mirai_mk3:20210719220544j:plain

お昼は東城のセブンで。2人とも手持ちがなかったので…駐車場メシ、かなり暑いです。

f:id:mirai_mk3:20210719220548j:plain

直線が多くて、空気が澄んで。たまらんですね。

f:id:mirai_mk3:20210719220552j:plain

314号線。昔は舗装林道より酷かったとか、そうでもなかったとか聞きましたが今は快適そのもの。木次線と並行しているので線路を眺めながら、また線路をまたぎながら走れる楽しい道です。

f:id:mirai_mk3:20210719220557j:plain

おろちループ。道の駅でひと休み。龍が岩にアゴ載せて休んでます。

f:id:mirai_mk3:20210719220601j:plain

f:id:mirai_mk3:20210719220617j:plain

若干薄いけれど、すっかり夏の色。

Googleのレビューでループに気付かない人もいるくらい大きいとは聞いていたけれど、そんなことはありませんでした。音戸みたいな楽しさではないけれど、しっかりループしていました。

f:id:mirai_mk3:20210719220630j:plain

 

f:id:mirai_mk3:20210719220640j:plain

f:id:mirai_mk3:20210719220649j:plainf:id:mirai_mk3:20210719220644j:plain

ふと停まった場所。田んぼは緑に、空は青に、雲は白に。絵の具の世界。

f:id:mirai_mk3:20210719220635j:plain

停まった理由。異質なものが混ざっている。

f:id:mirai_mk3:20210719220653j:plain

f:id:mirai_mk3:20210719220703j:plain

f:id:mirai_mk3:20210719220707j:plain

七塚原もすっかり夏。厩舎には近づかないように、少しだけお邪魔しました。

f:id:mirai_mk3:20210719220716j:plain

淡い日の入り、これも夏。

休憩しながらの300km強、久々の中距離。お尻はまだ大丈夫そうですが、ポジションの調整が必要かも。ステップも前すぎますが、バックステップは強度的にシバきたくないので純正で我慢。まだ暑さに適応できていない中、すぐ起きる腹痛と頭痛と脱水も今回はなんとかしのぎました。

 

阿蘇、楽しみだなぁ。

128.夏の訪れと9

ついに長かった梅雨が終わりそうです。九州が明けたので、こちらももう少し。

待ちに待った晴れ予報。

f:id:mirai_mk3:20210711205828j:plain

f:id:mirai_mk3:20210711205835j:plain

朝早くから出られるので丸一日出たい気持ちもありますが、朝活にとどめておきます。市内の皆さんは早朝羅漢が定番なようですが、市内を横断するのが面倒だったので東向きに朝活散歩ルート開拓です。早い時間なら、音戸→神山峠→絵下山あたりを巡ると気持ちよかったです。

 

いったん帰り、掃除やら昼食やらを進めていると、昼過ぎにヤマトから電話が。ワクワクで受け取りに向かい、サクっと作業。ECUリセット、初期燃調を済ませていざお出かけ。

 

f:id:mirai_mk3:20210711210643j:plain

阿戸から八本松を通り、白竜湖へと向かう途中。田んぼは、少し見ないうちにすっかり茂っていました。そして、アレがアレですね…そういうことです。

 

f:id:mirai_mk3:20210711211059j:plain

f:id:mirai_mk3:20210711211225j:plain

白竜湖のほとりの、いつも気になっては行かなかったダート。泥を付けるつもりはなかったんですが、雨上がりにこういうところに入るってそういうことですよね。

道はすぐ行き止まりで、釣りやボートの人がよく来るようです。

f:id:mirai_mk3:20210711211400j:plain

f:id:mirai_mk3:20210711211404j:plain

f:id:mirai_mk3:20210711211410j:plain

f:id:mirai_mk3:20210711211415j:plain

どんどん夏らしくなってきています。積乱雲、激しいコントラスト、透明な空気。

暑さと湿気は苦手ですが、視覚的にはとても好きな季節がやってきました。

 

 

 

 

 

蛇足ですが、今回またサイレンサーを交換しました。フロントパイプ+スリップオンの組み合わせで、パイプの接続仕様が異なるもの同士を無理矢理使っていたためです。

今回のサイレンサーは、イギリスのサイレンサー屋さん、スコーピオンのセルケトテーパーというモノです。フロントパイプとの接続も問題なく、安心して使えそう。

f:id:mirai_mk3:20210711212001j:plain

後ろから。艶消し樹脂のコーンと、赤いリングがトレードマークのようです。バッフルは着脱式、エンド部外側にナットが溶接してあり着脱が簡単。でも内径14mmは絞りすぎじゃない?

f:id:mirai_mk3:20210711212153j:plainf:id:mirai_mk3:20210711212155j:plain

車体からの張り出し。横方向、後ろ方向ともにほとんど張り出しがないので、多少の転倒があっても大丈夫そうです。コンパクトでいいね。

f:id:mirai_mk3:20210711212310j:plain

車体への固定は、サイレンサー内側にネジ留めしたステーで行います。見たことがない方式ですが、コンパクトにまとまって好印象です。付属のネジが短かったので手持ちで代用しました。

f:id:mirai_mk3:20210711212532j:plain

全体のデザインはこんな感じ。コンパクトにまとまっていい感じですが、ヘッドライト、フェンダーとの調和が微妙ですね。手持ちパーツでなんとか整えたい。

フロントパイプは別モノなので取り回し、デザインが異なります。本来はもっと下回りで、下側に大きな膨張室?があります。

性能に関しては、静かな250ccクラスの純正並みに消音するバッフルのせいでかなりスポイルされている印象があります。バッフルを抜く、あるいは大口径のものへ交換して、静かめでそこそこ回せるサイレンサーに調整していきたいです。

 

127.広島MBB林道集会(2人)

ほぼ前回からの続き。

ブロックタイヤを組んで試走がしたいトニーさんと、ただ単に起伏路を走りたいだけの自分で出撃です。寝坊して1分遅刻しました。

 

f:id:mirai_mk3:20210704193213j:plain

下谷林道。県道71号の南側から、休日限定で開いてるそうです。平日はガードマンが居るようです。

f:id:mirai_mk3:20210704193217j:plain

f:id:mirai_mk3:20210704193222j:plain

道は均されたダートで、少々石が転がる場所もありましたがとても走りやすいです。ダート一発目に良さそうでした。

f:id:mirai_mk3:20210704193227j:plain

アスファルト区間に出た後の落ち葉祭りのほうが怖かったです。

f:id:mirai_mk3:20210704193236j:plain

ちょいと寄り道。平野部はムシムシでしたが、山はひんやりしっとり涼しかったですよ。

f:id:mirai_mk3:20210704193241j:plain

放置ジムニー。山に入る車が、山と一体化しつつある。

 

 

 

f:id:mirai_mk3:20210704193246j:plain

f:id:mirai_mk3:20210704193250j:plainこないだの練習場。ミニバイクにはデカすぎるかと思いましたが、少し地形が変わったようでなんとか遊べるようになっていました。

ブロックタイヤ(IRC TG)を履いたモンキーに乗せてもらいましたが、恐ろしいほど食います。素晴らしいオフ性能の向上っぷりでした。危うく買いそうになりますが、そこそこ食うスクータータイヤで遊んでいる体なので無理だと感じるまでは我慢します。それに、ミニバイクだとスクータータイヤの限界が来るような場所では大抵そもそもヤバいのです。

 

湯来吉和エリアで遊んでいましたが、もみの木付近で面白そうな分岐を見つけてしまい運命が変わっててしまいます。

大きめの玉砂利が転がっている場所が面白そうなので入ってみたものの、奥へ続く道は赤土と水たまり。これはと思っていると、トニーさんが突撃していき…

f:id:mirai_mk3:20210704193255j:plain

まあそうなりますよね。

沼にハマり、吹かすも逆水車にしかなりません。笑ってみているわけにもいかないのでヘルプに入り、2人がかりでモンキーを引き抜きました。おおきなカブってか。

モンキーは見事なチョコレートコーティングが施され、トニーさんは"仕上がって"しまいました。

f:id:mirai_mk3:20210704193259j:plain

で、突撃してないはずのグロムはこう。沼には入ってないのですが、モンキーの真後ろに置いてしまったのでモンキーの返り血をたっぷり浴びてしまいました。一時のカワサキ、こういう散らし塗装みたいなデザイン流行ってましたよね。泥ではないけど。

488号から100m以内の悲劇、というか喜劇でした。

f:id:mirai_mk3:20210704193303j:plain

回復のためのラー。静かで落ち着きます。視線の先には泥だらけのミニバイクが2台。

 

 

f:id:mirai_mk3:20210704193307j:plain

488号に戻り、湯来方面に下ります。川まで降りたいけど傾斜がすごくてためらうところ。結局今回もやめました。

f:id:mirai_mk3:20210704193312j:plain

f:id:mirai_mk3:20210704193316j:plain

f:id:mirai_mk3:20210704193320j:plain

f:id:mirai_mk3:20210704193327j:plain

488号沿いの林道をいくつか。どれも険しくなるあたりで引き返します。奥の方には自生しているアサガオがありましたが、栽培用の品種と比べてかなり控えめでキレイです。

 

f:id:mirai_mk3:20210704193332j:plain

湯来ロッジに寄り、復活していた足湯に浸かります。ぬるめですがかなりリフレッシュ。

 

f:id:mirai_mk3:20210704193337j:plain

キャッシュもありました。

 

f:id:mirai_mk3:20210704193341j:plain

最後にとりあえず寄ったのはいつもの場所。めっちゃ人いるしどうしちゃったのマリホ。

 

泥だらけ、砂だらけ。楽しかったですね。