209:海に、空に

ホントは動物園に行こうと思っていたけど、水族館に行きたくなって。

マリホ、宮島あたりが手頃な距離だけど、お気に入りのあの場所まで行くことにした。道中、後半あたりで手頃な食事処があればと思いながら走っていると、"手頃"か…?とか思っているうちにスズキの看板以外なんにもないエリアになっていた。まあ後でいいか。

 

お気に入りの、なぎさ水族館。

マイクロレンズの本領発揮。大きく、くっきりと表情を写し取れてる。

もさもさ。

ただのコンクリブロックも、小魚にとってはアパートみたいなものなのかも。

 

 

そして復路に。ようやくカメラも出して、撮ってみる。

XF14mm/F2.8Rの広角がいまいち使いこなせない気がする。グリッド線を表示して、上下を使わないつもりにして撮る、というのを思い付いたのでやってみる。帰ってから65:24にトリミングしよう。

 

うん、いい感じ。上下を切り捨てるつもりで撮れば、左右の広がりをどう活かすかに集中できる。撮影領域がどこまでか正確に分からないけど、65:24の元ネタなTXシリーズもレンジファインダーで正確じゃないしリスペクトになる。たぶん。

 

超広角×パノラマ、めっちゃ楽しいじゃん。アリだ。

 

そして帰り道、フォロワーさんが宮島に行っているのを知って思い出した。今日、花火あるわ。せっかく寄れる場所にいるんだから、行かないとな…

 

嚴島に渡るのは時間的に無理そうなので、向かい岸で最短距離の場所ということで阿品へ向かう。似た考えの人が毎回居るようで、人だかりと警備の人が集まっていた。

 

想定外だったので望遠レンズも三脚もないけれど、堤防にカメララップを置いて直置き、手持ちのアレコレでレンズを持ち上げてアオリをつける。あたふたと用意をしていると、打ち上げまでもう5分。

花火の撮影は何も考えずに絞り込んで最低感度、と相場が決まっているらしいので、大人しく従ってパシャパシャ。

 

しばらくぶりの花火は遠くて、音も小さくて、まるで手に持てない線香花火のようだった。

 

Fujifilm FinePix S3Pro

AI AF Nikkor 60/2.8

Monochrome

 

Fujifilm X-E2

Fujinon XF14/2.8R

AI AF Nikkor 60/2.8

Classic Chrome

Astia

207:また鳥をみに。

また。しかも同じところへ、今度はグロムで地図を見ずに。ちなみに道は知らないので、感覚で行ってみる。

 

最後の降雪から日は空いてるし、行けるでしょ。

行ける行ける。無理かもと思ったときには既に庄原。行ってしまえ。

 

雪のある地域に、雪のある時期にグロムで行くことがないので、なんだか面白い。気温も高めで、着込んでいたのでカイロいらずの暖かさ。

 

雪のある七塚原のポプラ並木、と思っていたけど流石に開けている場所なので溶けていた。積もってたら行けないわけですけども。

牛はいなかった。

 

七塚原前後の峠道はヤバい感じ。時折圧雪の残りがあって、ヒヤヒヤ。

 

そしてまた、知和ウェットランドへ。

ジョウビタキ

アオジ

映えるね。望遠スナップにいいかんじ。

ジョウビタキ(雌)。

セグロセキレイ

ヌートリア。何故?

こんな寒い中、泳いでいらっしゃった。

水面は滑らか。

 

三次?三良坂?あたりのきれいな道。逆光でオールドレンズの本領が発揮されてる。

 

たまたま芸備線と並走していたので、駅に停まっているうちに先回りして。バッテリーが低温でダウンしたので、ガッツリ写り込む前にダウンしてしまった。まあそれも写真の一期一会性かも。

 

道は知らないし、適当に走ったので相当遠回りしていたらしい。楽しければそれでヨシ。

 

Fujifilm X-E2

Industar-22 5/3.5

Classic Chrome

 

Fujifilm FinePix S3Pro

AI AF Zoom-Nikkor ED 70-300/4-5.6

Fujichrome

206:もやの中。

眠気というか、ひたすら失神するように眠っているこのごろ。なんだこれ。

 

わからないけど、まあ午後車で山に。

すごいもや。灰が峰の頂から見渡して、わずかに見えるのはこの範囲。望遠で抜いてみると楽しい。

航跡が不思議なもように。淡いコントラスト。

 

淡いことは、悪いことでもないな。陰をうまく使いたい。

 

Fujifilm X-E2

Industar-22 5/3.5

Classic Chrome

 

Fujifilm FinePix S3Pro

AI AF Zoom-Nikkor ED 70-300/4-5.6

Studio Portrait

205:鳥をみに。

車が空いていたので、グロムでは入れない雪の地域へ。

 

いるいる。駐車場からみえたのはジョウビタキ

たぶんコサギ。あまり詳しくはないので…

 

まだ雪は残ってる。そして、鳥はいない。寒いから休んでる?

 

少し離れたところに人だかりができていたので調べてみると、オオタカが来ているらしい。ほえ~ん。

これはトンビ。どうせ450mm(35mm判相当)だし使える感度も最大800までなので、居たら撮ってみるかくらいの気持ち。

対する皆さんは重量級の三脚にバズーカクラスのレンズを据え付けてる集団なので、そもそも近寄らずそのあたりをウロウロしていた。

 

望遠と広角を1台ずつ提げてスナップすると、楽しいかもしれない。レンズ交換やズームレンズよりも、被写体に向き合える気がする(するだけ)。

 

ふだんは見られない、雪の光景。

 

Fujifilm X-E2

Fujinon XF23/1.4R

Astia

 

Fujifilm FinePix S3Pro

AI AF Zoom-Nikkor ED 70-300/4-5.6

Studio Portrait

204:2023日の出2

日の出。初は一度しかないけれど、日の出自体は毎日あるわけで。

ここ2,3年くらいは、正月に何度も日の出を見に行っている。

今年も。今年はトニさん、彦さんとご一緒。今回は焚火待機はせず、最初から一緒に走って向かった。

2日の日の出は淡かった。やわらかく、包まれたような日の出。

 

せっかく倉橋島の端まで来ているのだから、色々寄り道をしてみる。

鹿島。光がまだ差し込んでいなかった。

鹿島大橋をのぞむ。

 

そして、どうしてだかわからないが流れで「亀」にも行くことに。まあキャッシュを取っていない自分のためなんですが。

たのしい廃道を進み、廃道の端にグロムたちを停め、さらに廃道を進む。

 

イカしてる。

 

イカれてる。

 

廃れてる。

亀が首試射場は廃れて埋もれていて、保全もされていない様はまさに廃墟そのもの。当時からそのまま、ゆっくりと風化している様子は是非行ってみて…とは言えないアクセスの悪さ。

キャッシュはありました。

 

その後は高いところに登って取りこぼしキャッシュを探したり(ロスト)、

 

長いところをひたすら歩いたり。

 

運動量が多い。ソロじゃとても一日にやりたくないやつばっか。

詣でておしまい。

 

Fujifilm X-E2

Fujinon XF23/1.4R

Classic Chrome

 

Fujifilm FinePix S3Pro

AI Nikkor 45/2.8P

Fujichrome

203:2023日の出

新年あけましておめでとうございます。

 

非常に遅いですね。色々…なんにもないな。撮って、書いていきます。

 

家を出たのは4時。前日に日の出マップで入射角を確認した場所なので、晴れさえすれば日の出は拝める。問題は、近辺で対岸までの距離が最も稼げる場所だったので場所取り。必要以上に早めに出て、確実に場所を確保する作戦。

なお、元旦の2号線はとても寒い。特に本郷あたりが寒く、曇り対策でシールドを外したゴーグル仕様のツアークロスでは顔面が痛くなった。まあ眠くならないしいいか。

 

到着したのは5時40分くらい。日の出まで1時間以上の余裕があったので真っ暗だし、車で待機している人こそいるけど場所取りや海沿いで待機してる人は皆無。砂浜に降りて早く来た人の特権である星空を撮ってみたりしていたけれど、動かないのは寒すぎてグロムの場所まで戻ってひたすらモゾモゾ。

かなり寒いけれど、早く来ないと味わえない空気感。

シルエット。なんでも写ればいいってもんでもない。

 

そして出る。このころにはかなり人や車も増えていて、日の出とグロムでも撮るかななんて退いたりしたら一瞬で占領されてしまう。グロムはさておき、カメラの方はインターバル撮影してるから触ったり塞いだりしないでくれよ~~~なんて思いながら眺めることしかできず。まあ最近は、対象そのものよりそれに干渉、あるいは見ている人を撮るのが面白いのでこれはこれで美味しいかも。

日の出ツイートにはこちらを。焼けてる空とか、覗いてる太陽なんて誰でも撮れるし、撮ってるから。

道はグチャグチャ。でも田舎の島なので、日の出15分後にはまた誰もいなくなった。

 

元旦の空気は澄んでいた。

 

 

帰ってからはひたすら身体を暖め、暖め…全く暖まらず。徒歩で初詣に。

 

当然カメラも持ち歩く。普段と違う場所を歩くので、面白いものもたくさん。

参拝客は大勢。宮司さんの目は、虚空を見てた。

 

元旦の光。

 

Fujifilm X-E2

Fujinon XF23/1.4R

Industar-22 50/3.5

Classic Chrome

 

Fujifilm FinePix S3Pro

AI Nikkor 45/2.8P

Studio Portrait

Fujichrome

202:デジタルバックなカメラ。

カメラやレンズとの出会いは偶然、運命のようにとは聞く。確かにそうかもしれないと思える出来事があった。

 

以前迎えたD200はCCDの濃密な色以外の部分があまりしっくりとは来ず、ちょうど親が欲しがっていたので譲ったのだが、そのD200用にいい広角がないか探してと頼まれてた。

そこで探していたのだが、手頃な価格で広角(35mm判換算24mmあたり)となると、選択肢が少ない。キヤノン機時代に使ったトキナーのATX17/3.5は良い描写だけれど高いし。それならとATX12-24/4を色々なところで探していると、レンズとボディがセットで破格だった。そうして迎えたのが本文の主人公である、こいつ。

 

 

いや、デカすぎ。この前までカメラは小さい方がいいとか言っていた人間の導入する機材じゃない。

 

富士フイルム FinePix S3 Pro。縦位置グリップ一体型のデジタル一眼レフ。でも、こいつはただデカいだけじゃない。後ろから、横から見てほしい、面白いから。

なんとも不格好な出っ張り方をしている。

このカメラはニコンF80の金型をベースに、富士フイルムデジタルカメラに造りなおしたというなんともイカしたカメラ。見た目だけじゃなく、挙動も面白い。

なんとこのカメラ、恐らくではあるけれどF60の軍艦部の回路はそのままにデジタルバック的にデジカメ部分を付け足していると思われる。再生中やバッテリー放電中といった露出を測る必要のないタイミングでも、TTL露出計が計測を続けているような挙動をする。まさに「ニコイチ」なカメラで可愛げがある。

見た目もF80の後方と下方を雑に盛って電子化したようにしか見えないし、とてもアンバランスで好み。

 

正直とてもデカいのでATX12-24/4などという更に巨大化する広角ズームレンズなど付ける気にならず、レンズは小型なやつがいいなと思案(もう写真出てるけど)…そこで記憶カメラさんが縦グリップ付きのPentax K10Dに銀色のFA43/1.9を装着しているのを見て、ビビっときてしまった。ちょうど近くのカメラ店に在庫があることを知ってしまっているので、迎えに行くしかない。という流れでAI45/2.8Pの銀を導入。デカいカメラに極薄のパンケーキ、おまけに銀色ってかわいいね。

正面。お迎えした個体は純正フードが欠品で、そのままでもいいかと思っていたけどあまりの薄さにガラスを触ってしまいそう。代わりに52-V37ステップダウンリングのアルマイトを落として、フジツボフードもどきにしてみた。ケラレもないし、前玉の小ささが目立たずいい具合。

薄さはこの通り。フィルター、フードをなくせば凸凹のある面までしかレンズがない極薄設計。どでかいボディにニッコール最小のレンズ、いいじゃん。

描写と操作性は、流石ニッコール。まだお見せできるような作例を撮っていないけど、いつでも付けていたくなるようなレンズであることは間違いない。これからたくさん撮っていこう。

 

あべこべなフジのカメラで、撮っていこう。

201:回帰する。

まずはこちらをご覧あれ。

 

 

 

はい。

 

X-Pro3をたいそう気に入ってはいましたが、元々かなり無理をして導入していたこともあったので手放すことに。非常に残念ですが、まあ身に余るものということで。

 

で、乗り換えるにしてもどういう条件の写真機にしようかなと検討しましたが。

・ちいさい

・軽い

・OVFあるいはラグの少ないEVF

が条件。X-Pro3を使いはじめてからは、画素数とか世代とかは別にどっちでもいいなと感じたので古くてもヨシ。むしろ、X-T1あたりのX-Trans CMOSセンサーは色が素敵なのであり。

 

そして選ばれたのがX-E2。小さいし軽いし、日本製だし。

そして最高なのが左肩のフジノンロゴ。最新機にも付けてほしいやつ。

 

この個体はXC15-45と一緒に売られてたんだけれど、レンズのほうは別にいらないので売って処分してしまえば実質お安く迎えられる。有難いね。

 

そんな流れで(?)、再びFujifilm X-E2を迎え入れました。圧倒的に軽いし小さいね。

 

そして、付いてるレンズも。

折角小さいボディなので、合わせて小さいレンズを探していたら見つけた。

ソ連製ジャンクカメラのオマケ、Industar-22 5cm/f3.5。見た目はエルマー、光学設計はゾナーという面白いやつ。

ジャンクってことで分解清掃くらいは覚悟していたけれど、非常に綺麗な光学でそのまま使えた。

 

ここで、エルマー系のことを知っている人なら冷汗が出るであろう点が1点。

このレンズ、ミラーレスで使用する際は沈胴厳禁。

なので沈胴部に下駄を履かせて、沈胴しすぎないようストッパーにした。これで安心して沈胴させ放題。沈胴すると可愛いね。

伸ばしたら伸ばしたで、間抜けで面白い。

 

 

作例も少々。

柔らかくて、でも芯があって、逆光に弱い。撮ってて楽しいレンズでした。

200:気軽に慎重に、CCDの濃密な体験。

先日福山までカメラ店巡りをした時、面白いものをみつけたのでお迎えしてみた。

Fujifilm FinePix F810。

X-T1でフジの魅力に取り憑かれてしまい、Xシリーズのレンズ交換機を渡り歩いてきたけれど、Xシリーズ以前の「スーパーハニカムCCD」は未体験。一時期FinePix S5 Proも検討してはいたけれど、重量があるので持ち歩きが面倒になってしまいそう。

そこで出会ってしまったのがF810。親が似たようなカメラを使っていて、色がいいと言っていたのを憶えていたので気になってしまった。ジャンクコーナーに格安で転がっていたけれど、箱は綺麗だし付属品は揃っているし、おまけまでついて来た。買うしかない。

おそらく新品の予備電池、PCインターフェースカード、ケースがついてきた。PCインターフェースカードなんて今更挿すPCがないね…

 

って話してたら出てきた。親のカメラはF710、つまり兄弟機だったらしい。調べてみると710は階調性が良くて、810は解像感と感度性能が良いみたい。

 

起動は早め。ポーチから出して、スライドスイッチを動かして、ファインダーを覗いて撮る。光学ファインダーなので、だいたいX-Proと同じ感覚で撮れる。沈胴レンズは使用時、収納時ともに触らないように気をつけないといけないのが玉に瑕。

 

ちょっと撮ってみたので作例。

F-スタンダード。

F-フジクローム

F-B&W。

まあセンサーが小さいカメラなのでX-Pro3とは比較にならないけれど、20年弱経った今でも日中のスナップにはかなり使えそう。CCD特有の濃厚な色合いが気軽に持ち運べるのは美味しい。

 

ただ問題もあって、記録メディアがxDピクチャーカード。この時期は記録メディア戦国時代だったので仕方ないけれど、家にあった大きいほうのxDピクチャーカードは容量128MBなので撮影可能枚数は26枚、ワイドモードなら36枚。フィルムカメラかな?画質は落としたくないので、フィルムコンパクト機的に楽しもうと思う。