物置き。

「みらい。」と申します。写真とバイク。

57:迫る冬!山めぐり/島めぐり/海めぐりツー!!

こんにちは。ずいぶん寒くなり、朝起きるのが大変になってきました。

先週に車で行った福山グリーンラインをグロムとも走りたくなり、天気予報もいい感じだったので東へ向かうことに。

 

グロムはせっかくワインディングが楽しいバイクなのに2号線で突っ切ってしまうのもどうかと思い、福富や白竜湖を経由し山中へ入ります。

f:id:mirai_mk3:20191209112122j:plain

白竜湖にて。撮影のため道脇に降りました。フカフカの地面でした。

f:id:mirai_mk3:20191209112136j:plain

こちらは八幡町。土手に惹かれて寄り道です。進入路がすごい傾斜で、降りるのがおっかなびっくりでした。

f:id:mirai_mk3:20191209112149j:plain

使われなくなった浄水場を見つけました。

 

という風に、3ケタ国道を繋いで東へ向かいます。細めで最高速が限られるワインディングばかりなので、グロムが生き生きと走ることができるタイプの道でした。

そして軽を煽る○○○○茶屋の社用車を見つつ(その軽も○○○○茶屋に入っていったのでお客さんを煽っていたようです...)、グリーンラインに到着。

 

写真を撮り忘れました。なんてこった。動画は撮って編集中なので、しばらく後に投稿できるかと思います。

 

f:id:mirai_mk3:20191209112205j:plain

グリーンラインを降りたら鞆には寄らず、前々から行きたいと思っていたこの場所へ。

内海大橋という田島に渡る橋なのですが、「く」の字に折れ曲がった橋なのです。なんでも「く」の腹の部分に岩礁があり、橋脚の工事が難しかったためだとか。

橋の途中でカーブする感覚、新鮮というか違和感が面白かったです。

 

田島の西側を走り、お隣の横島へ渡ります。邪ではありません。

f:id:mirai_mk3:20191209112222j:plain

田島にも言えますが、横島は南側が四国まで開けていて、しかもそれがちょうど凹んだ部分なので水平線のような景観です。

f:id:mirai_mk3:20191209112238j:plain

かつてのカワサキのお店。潮風に晒されてサビサビです。

 

戻りは南側、海沿いののんびりとした道を走ります。やっぱり島はいいですね。

f:id:mirai_mk3:20191209112246j:plain

沼隈半島に戻り、走っているとまた開花してしまったサクラが。今年は間違える子が多いようです。寒空との組み合わせもまた良きかな。

 

県道365号、戸崎のあたりで不思議なものが。

f:id:mirai_mk3:20191209112258j:plain

トンボロというようです。小島と堆積した砂、干潟が揃っていました。穴が並んでいて、なんだか集合住宅みたいです。

 

f:id:mirai_mk3:20191209112324j:plain

そして戸崎の先端まで到着し、渡船を待ちます。歌戸運航というらしいです。運賃は人間とグロム合わせて240円、安いですね。

見切れていますが左側に釦があり、押すと回転灯が光りこちらの存在を知らせるようです。知らせなくても船はすぐそこまで来ていましたが、せっかくなので押してみました。

船は小さく、瀬戸内海とはいえけっこうな揺れで酔いました。けど小さい船って楽しいですね。

 

 

f:id:mirai_mk3:20191209112344j:plain

そして2本目の渡船、尾道渡船です。「兼吉渡し」と呼ばれているそうです。

f:id:mirai_mk3:20191209112353j:plain

事務所の前にはネコチャンがゴロリ。非常に人馴れしていて、興奮してカメラを近付けすぎても平気そうな顔をしていました(ピンボケどころではない)。

運賃は合わせて110円、こちらもお安いですね。尾道大橋をスキップできるのでかなりお得です。

f:id:mirai_mk3:20191209112414j:plain

尾道側の船着き場から。この場所は知っている人も多いのでは?情報量が多いですね。

ちなみに今回乗った歌戸、兼吉渡しの両航路は時刻表がなく、営業時間内はずっとピストン運航をしているため到着時間を気にする必要がありません。存分に観光などで時間を浪費できるのです。

 

尾道からは海沿いを走り(途中間違えて三原バイパスに入ったりしながら)、忠海の「エデンの海」に入ります。

f:id:mirai_mk3:20191209112433j:plain

鉄塔と月、そして海がよいバランスです。展望台から道路を挟んで反対側の歩道に登り、ラーメンセットを展開しながら夕焼けを待ちます。

f:id:mirai_mk3:20191209191845j:plain

f:id:mirai_mk3:20191209112442j:plain

f:id:mirai_mk3:20191209191909j:plain

たのしい一日でした。