物置き。

「みらい。」と申します。写真とバイク。

87:グロムがラリーになっちゃった!

現在のグロムはこんな仕様になっています。

f:id:mirai_mk3:20200915213652j:plain

モタードにしてみたり色々やりましたが、ラリーな仕様になりました。今回は備忘録がてら、色々流用したパーツやタンクバッグのインプレをしてみます。

 

まずはタンクバッグから。

今回用意したのはデグナーのベルト式タンクバッグ、NB-147です。選考条件は

・カメラを入れても落ちないベルト固定式

・カメラを入れるので側面・底面のクッション素材

ツーリングマップルを入れられる

・グロムのタンク形状に沿わせられるオフロードタイプ

です。

f:id:mirai_mk3:20200915215442j:plain

装着した様子、ハンドルとの距離はこんな感じ。天面が水平で見た目も良いです。ハンドルは後述のブラケット交換で前方にオフセットしていますが、概ね問題はなさそう。前方の固定は付属のストラップですが、後方は少々工夫をして改良しています。

f:id:mirai_mk3:20200915221611j:plain

標準のベルトは使いづらかったので縛ってしまっています。あ、このタンクバッグ、バックルで着脱できるのもポイントが高いです。

f:id:mirai_mk3:20200915222127j:plain

本体側のベルトは、シートを外してシートレールにつけています。位置は色々試しましたがラバーが当たる部分より後ろ側くらいがちょうどいいかと。

f:id:mirai_mk3:20200915222249j:plain

使わないときは、サービスカプラーの反対側に畳んでしまえます。

自己責任ではありますがカメラを入れられるので、スナップが捗ります。

 

 

そして、お次はコレ。

f:id:mirai_mk3:20200915223208j:plain

この人また流用考えてる…

先日納車に付き合ったり慣らしツーを共にした友人のCT125を見て、これたぶんイケるんじゃないかな、、、と考えていたモノです。

f:id:mirai_mk3:20200915223709j:plain

装着は問題ありませんでした。アッパークランプはZETAのオプションアッパークランプに、クッションラバーはキタコのアルミカラーに交換し剛性重視にしています。

f:id:mirai_mk3:20200915224006j:plain

単体ですが純正はこんな感じ。15mmアップ/オフセットとなり、オフロード用ハンドルと相まってより前へ出すことができました。タンクバッグがあると邪魔でできませんが、スタンディングがかなり楽になりました。

 

 

最後にスクリーン。

f:id:mirai_mk3:20200915224708j:plain

これはどうせ林道で傷つけるのでそこそこのモノを、中古で安く仕入れてきたやつです。おそらくですがMRAのヴァリオツーリングというモデルです。

スポイラーはスクリーン本体を立てすぎて垂直になってしまったので取り外し、大径丸目ヘッドライトに沿うようにRがついている下端はヘッドライトフレームの内側に隠しました。複雑な曲げが車体とマッチしていて、ラリーっぽさを演出できたのではないかと満足しています。

 

オフ仕様、モタード仕様、フルカウルスポーツ仕様、アドベンチャー仕様のグロムは見たことがありますが、ラリーはまだないのではないでしょうか?

詳細が気になる方はTwitterでもいいので聞いてみてください。喜んで答えると思います。