物置き。

「みらい。」と申します。写真とバイク。

115:寝坊と昼寝の島々

朝6時。

せっかくお誘いいただいたツーリングの集合時間に起床。更に買い物の荷物持ちに動員され、みなさんと江田島でキャッキャウフフは間に合わなくなってしまいました。本当すみません。。。

 

 

しかし超天気良さそう。親に誘われ、別の島に行くことに。

f:id:mirai_mk3:20210411235420j:plain

f:id:mirai_mk3:20210411235424j:plain

f:id:mirai_mk3:20210411235428j:plain

日曜昼の大三島フェリーは、大久野島目当ての徒歩客がかなりの数いました。やはり大三島フェリーは早朝が狙い目です。たまたま特別列車がいました。調べてみると、エトセトラという名前のようです。

 

f:id:mirai_mk3:20210411235433j:plain

f:id:mirai_mk3:20210411235437j:plain

ようやく「いつもの」といえるくらいになってきた、大三島フェリー。12時ちょうどの便に乗ったので、客室はほぼ満員。中国系の観光客が大量に来ていたコロナ禍前ほどではないのでしょうが、改めて大久野島の人気を目の当たりにします。無人のシルバールームでのんびり。

 

大三島へ渡り、多々羅大橋を脇目に南下。

f:id:mirai_mk3:20210411235446j:plain

f:id:mirai_mk3:20210411235449j:plain

大三島橋。原付道は広々としていて、道端に停めて写真撮影にもってこいです。

 

f:id:mirai_mk3:20210411235454j:plain

伯方島は、寄り道しなければなんてことないほど短い島です。外周は帰りに巡る予定なので、全スルーで見近島へ。日曜午後ということもあってキャンパーはまばら。藤棚?の端のひと区画にグロムを停め、昼寝用のハンモックを張ります。ハンモックストラップが余ってしまうので、グルグル巻いて短めにセットするとようやくピッタリです。

f:id:mirai_mk3:20210411235459j:plain

f:id:mirai_mk3:20210411235503j:plainハンモックで昼食、あまりにも豪華だ…実はラーメンを用意していたものの、家に忘れてきたので親のラーメンをひと玉分けてもらっています。

食後はチャイを一杯飲み、少しハンモックで休憩。鳥の声やどこかでペグを打ち付ける音、橋の上を時折通るバイクの排気音が心地良いです。これが休憩じゃなくてキャンプならなぁ…

f:id:mirai_mk3:20210411235507j:plain

泊地から続く島の裏側。こういう場所大好き。ハンモックだと撤収が楽なので、他のことをする余裕が生まれますね。

 

 

のんびり伯方島を走っていたら、写真撮るのを忘れてました。のんびりしていて楽しいので、是非走ってみてくださいな。

f:id:mirai_mk3:20210411235533j:plain

f:id:mirai_mk3:20210411235537j:plain

多々羅大橋の根本でまた、ひと休み。午後のいい光。

 

f:id:mirai_mk3:20210411235547j:plain

f:id:mirai_mk3:20210411235551j:plain

f:id:mirai_mk3:20210411235555j:plain

f:id:mirai_mk3:20210411235601j:plain

f:id:mirai_mk3:20210411235605j:plain

のんびり走れるいい陽気。何度来ても飽きません。写真を撮るのに止まるのも悩むような気持ちよさです。

 

f:id:mirai_mk3:20210411235610j:plain

この前訪れた椋浦休憩所、午後は午後でしっとりしたいい場所になっていました。

 

f:id:mirai_mk3:20210411235619j:plain

f:id:mirai_mk3:20210411235623j:plain

 尾道に渡ってからは、海沿いをひたすら西へ。木原バイパスが開通したおかげで、三原界隈が超快速になっていました。ノンストップで走るので、エンジンの調子も右肩上がりです。ここまで気持ちよく吹けるようになったのはしばらくぶりです。

 

228km、ケツ痛もなく気持ちよく走れた一日でした。