みらい。の物置き

ミニバイクに乗りながら写真を撮ったりキャンプしてます。他所に載せなかった写真を載せたり備忘録にしたり。

136.グロムを弄る。モタード化完成か…?

今日は午前中病院で、なんと折って12日目ですがギプスを外すことに。これから当分の間はサポーター生活です。

当然リハビリがあり、左手の負荷(特にひねる動き)は厳禁だそうです。

 

午後からは、昨日の続きでグロムを弄っていきます。

f:id:mirai_mk3:20210909162101j:plain

マフラーがコンパクトになり、後ろのボリューム感が若干減りつつもフェンダーが重い感じ。もう少し整えたらバランス良くなるのになぁ…

 

Photoshopであれやこれやコラージュしつつ、方向性を考えていきます。フェンダーレスはどうも尻すぼみになりすぎで良くなさそう。手持ちのWR流用フェンダーは…かなり良さそうな予感。

 

というわけで思い立ったが吉日、早速交換してみます。ウインカーステーは工夫でなんとか…

f:id:mirai_mk3:20210910202539j:plain

いい感じやん。他のマフラーでは見えなかったトラス部が見えるようになって、後ろ方向に重さを残しつつもスッキリできたんじゃないでしょうか。シュラウドあたり~ヘッドライトのボリューム感と、前後フェンダーの存在感は残しつつも薄い感じの対比が生まれて非常に良いと思います。

f:id:mirai_mk3:20210910202913j:plain

後方から。ウインカーはなんとかテールランプ下に収めました。短いサイレンサーだからこその設置場所ですね。ほとんどのサイレンサーは、ウインカーと共存させようとすると下にずれて野暮ったくなっちゃうんです。これでモタード感マシマシです。

 

装着したマフラーはOVER Racing GP-Performance。エイプ用?と聞いていましたがなんだか短いし接続径52mm。何用だかわかりませんがどうせレース管ですし、付いたしOVERの音がするのでヨシ。

レース管なので最初から付属バッフル有でしか聞いていませんが、バッフル有で同社TT-FormulaやヨシムラR-77S(双方JMCA認定仕様)より少し大きな音。音質はTT-Formulaと似たOVER特有の破裂音と低音が同居する快音。

出力特性はおおむねフラットにトルクが出て、高回転域で少しずつ盛り上がるような感じ。音量を気にしないならサブコンとハイカムで幸せになれそうな予感がします。

でもちょっと音量には気を使いたいし、低中速を盛りたいのでバッフルを手配して音量を抑える予定。南海の22-16mm可変バッフルで16mmまで絞って、音質と出力特性の変化を見てみます。それでも微妙なら、環境対策ついでにアウテックスの絞り付き触媒入れてもいいかなぁ。

 

f:id:mirai_mk3:20210910204220j:plain

はぁ…いいわぁ…