176:少し早い火の花。

山口に住んでいるフォロワー殿が、ヘルメットにつけるインカムを譲ってくれるということで受け取りに行く。

とはいえ受け取りは夜。夕方に直行するのは勿体ないので、朝遅めに出てぐるっと巡ろう。

 

羅漢から六日市方面に抜けて、途中のひがん花の里に。見頃より少し早めではあるものの、誘導と駐車料金徴収があった。まあ少々いいか。

けっこう咲いているけれど、まだ見頃はすごいらしい。まだ咲くのか。

 

彼岸花は露出アンダー気味、場面も暗めが撮っていてしっくりくる。趣味だけど。

値上げ。

 

かっこいい高架下。

 

ライオン…?岩。よくわからん。関係ないけれど、近くに初心者ナンバーの若者集団がいた。たのしそう。

 

津和野へ上がって国道9号を西進するのも楽と思ったが、同じ道ばかり走っても面白くないし、折角なので県道12号→県道9号を通ってみることにした。少々コケと木片が多いが、四国の3ケタ国道のゆるい版で楽しい道だった。なにより先行車も後続車も、対向車すらも居なかったのでとても快適。

 

山口市自体は何度か通過しているが、初の湯田温泉。観光地といってもカメラを持って歩く街並みというよりは、温泉などを楽しむ系だと感じた。

湯田温泉駅。ここの足湯を目指して来たけれど、湯の供給が止められてぬっるい水になってしまっていた。

ので湯の町通りに移動。ミニバイクなのでズイっと道端に停められてヨシ。

気持ちよくて、30分ほど動けなくなってしまった。

 

昼食を忘れていたので丸亀でうどんを補給。いつでも食べられてそこそこうまい。変な時間に行っても売り切れてないし。

 

受け取りと並ぶもうひとつの主目的、小鯖八幡宮へ向かう。もう夕方、いい光になってきた。

花は少なめっぽいけど人通りは多くなく、写真を撮り歩くには良かった。夕方は淡い世界。

 

手水の裏、水を吐く龍の尾は水道管になっていた。そんな…

イカした車両。ナンバーも取得しているし、たぶんだけれどサイレンサーも新造してる。乗ってみたい。

 

夜の周南をうろうろ、キャッシュを取ったりアーケードを見に行ったり。

インカムは無事受け取ったし、帰りの暗い二号線は体感一瞬(実際は2時間半)。

 

Fujifilm X-Pro3

Fujinon 2.8/2.8

Classic Neg.

Classic Chrome